金沢大学 理工研究域機械工学系(理工学域機械工学類)


金属粉末積層造形法(AM)

金属粉末を選択的にレーザ結合しながら積層するこ とで3次元形状を得る積層造形技術を用いて,高機能な金型を製作することを目的として研究を行っている。

積層造形金型の変形抑止法の提案

レーザ照射による急熱・急冷作用,繰り返し照射による焼き入れ・焼き戻し効果,堆積粉末内部の空隙に起因した造形前後の密度変化などが原因で,造形物内部に残留応力が生じ,造形後に反りや寸法変化が生じる課題がある。本課題に対して,シミュレーションによる最適レーザ走査法や,加工条件最適化による残留応力低減法などを提案している。

状態監視による結合メカニズムの解明

ファイバ導光型赤外線輻射温度計を用いたレーザ照射部温度の測定,高速度カメラによるレーザ結合部の観察などを行い,粉末の溶融・凝集・固化の機構を調べるとともに,金属粉末のレーザ結合メカニズムの解明に向けた取り組みを行っている。