金沢大学 理工研究域機械工学系(理工学域機械工学類)


砥粒加工

研磨加工

人類最古の加工技術である研磨加工は,現代においても,半導体デバイスや光学部品を始めとする多くの工学部品の製造に不可欠な重要な加工技術である. しかし,その学術的な理解はほとんど進んでいない.また,研磨加工の技術開発の多くは試行錯誤により行われているため,研磨加工の進歩は極めて遅い. これに対し,本研究室では,加工現象の観察やシミュレーションを通じて,研磨加工のメカニズム解明に取組む.そして,得られた知見を基に優れた技術の開発を目指す. また,片面研磨だけでなく,両面研磨や自由曲面の研磨も研究対象とする.


金型用冷却水管の内面加工に関する研究

金型内部に配置された冷却用水管内面について,遊離砥粒を用いて水管内面を研磨加工する装置開発を行っている。 各種加工条件を検討しながら,射出成形金型やダイカスト金型に本装置を適用し,冷却特性や型強度と併せ加工条件の最適化に向けた取り組みを行っている。